トピックス21

10月5日(土)・10月6日(日)新宿御苑で、GTFグリーンチャレンジデー2019 in 新宿御苑が開催されました。
初日は夏日、最終日は雨から晴れとあまり天候には恵まれませんでしたが、来場者は20,000人を超え、6つのイベントプログラムを通じて、生物多様性と環境保全について楽しく学んで頂くことができました。

◆ Act1 たべよう / 環食(わしょく)

日本食材と江戸東京伝統野菜をテーマに、中華と和食の名匠が循環型の食「環食」を提案。

キッチンカーにて、アゼリーグループのシニアボランティアチームが調理を担当。今年からリユース食器を採用。東日本大震災及び西日本豪雨被災地の森里川海の復興を願い、福島県矢祭町産こしひかり・岡山県産里海米と広島県呉市の特産品「海人の藻塩」を使った塩むすびを販売しました。

販売実績
【中華】伝統つながり ジャージャー麺417食
【和食】福島応援江戸うどん 481食
【塩むすび】450組

また東北・西日本の食材や江戸東京野菜・オーガニック素材を使った限定メニューを販売する大人気の出展者も新宿御苑に登場!

【出展ブース】※数字はブース番号

F-1 ORGAR'S
F-2 株式会社ブルボン
F-3 環食
F-4 いちや(5日)・窯焼きピッツァ ラナーヴェ(6日)
F-5 BURGA(5日)・FRIT BOY(6日)
F-6 フレーミング ノラ(5日)・moco's kitchen(6日)

Act1 たべよう / 環食(わしょく) Act1 たべよう / 環食(わしょく) Act1 たべよう / 環食(わしょく)

◆ Act2 ふれよう /ワークショップ

多数の企業・団体・自治体のワークショップを通じて、楽しみながら環境の「今」を学ぶ

各企業・団体・自治体によるパネル展示やワークショップが展開され、自然環境や生物多様性に関する知識を深めるとともに、森里川海のつながりを感じ、 COOL CHOICE の理解を深めました。

【出展ブース】※数字はブース番号

W-1 環境省 福島再生・未来志向プロジェクト
W-2 環境省 福島県双葉郡4町の魅力紹介
W-3 環境省 福島県双葉郡に行ったつもり写真館
W-4 環境省 × 伊達市 × ふたば未来学園高等学校 規格外の桃で高校生がスイーツづくり
W-5 福島県自然保護課
W-6 NPO法人 元気になろう福島 × ふくしま農業女子
W-7 新宿福島県人会 × 花響 福島での花いっぱい活動の紹介
W-8/9 私が変わると、世界も変わる!
W-10 一般社団法人日本損害保険協会
W-11 NPO法人 Blue Earth Project
W-12~14 TBSテレビ
W-15 Support Our Kids
W-16 星キャンプ 地球を体験しよう!
W-17 東京都赤十字血液センター
W-18 長野県伊那市
W-19 あきる野市
W-20 新宿区
W-21 群馬県沼田市
W-22 チャレンジング SHIRASE (三代目の南極観測船しらせ 5002)
W-22/23 全日本空輸株式会社
W-25 セキショウグループ
W-26/27 株式会社ブルボン
W-28 カラダの中をのぞいてみよう!(5日のみ)
W-29 TOKYO MX
W-30 クラフトワークショップ@Azalee
W-31/32 つなげよう、支えよう森里川海
W-33 愛知県 幸田町

Act2 ふれよう /ワークショップ Act2 ふれよう /ワークショップ

◆ Act 3つたえよう/ステージ

御苑の広々とした緑あふれる会場に、音・踊り・言葉が優しく響く

豪華アーティストによる環音ライブ、お祭り団体による華麗な演舞、スペシャルトークショーなど、イベント趣旨を反映したステージプログラムが多数展開されました。

【出演者】

『環音ライブ』
増田太郎(ヴァイオリニスト/5日)
吉田ひろき (歌手/5日)
EDISON (篠笛/5日)
Yae (シンガーソングライター 森里川海アンバサダー/5日)
松谷麗王 Visionary Gospel Choir (ゴスペル/6日)

「祭りの力」
ダンスパフォーマンス集団 迫 HAKU(よさこい/5日)
朝霞なるこ遊和会(よさこい/5日)
神楽坂 かぐら連(阿波おどり/6日)
琉球国祭り太鼓(エイサー/6日)

「生物多様性応援団任命式」
ぬまたんち(群馬県沼田市/5日)
エコたん(福島県/5日)

「SATOYAMA movement トークショー」
まこと(ミュージシャン・森里川海アンバサダー/5日)
林マヤ(タレント/5日)
中島早貴(女優・森里川海アンバサダー/両日)
安東弘樹(アナウンサー/6日)

「GTFスペシャルトークショー」
グリズデイル・バリージョシュアAccessible Japan 代表/5日)
古宇田昌司(新宿御苑管理事務所 ユニバーサル・デザイン整備専門官/5日)

「TBSテレビ スペシャルステージ」
森田正光(気象予報士/5日)
山内あゆ(TBS アナウンサー/5日)
森 朗 (気象予報士/6日)
山本里菜(TBS アナウンサー/6日)
久保井朝美(気象予報士/6日)

「TOKYO MX 「イケダンMAX 」スペシャルステージ」
安井謙太郎(両日)
長妻怜央(両日)
タイムマシーン3 号(5日)
二見颯一(演歌歌手/6日)

「SATOYAMA movement ライブ」
BEYOOOOONDS (アイドル/両日)

「オープニングアクト」
DANCE KID’S (ジャズダンス/5日)

「TOKYO FM 「いのちの森」 × 環音ライブ&トーク」
島谷ひとみ(歌手/6日)
高橋万里恵(フリーアナウンサー・森里川海アンバサダー/6日)

「出展者PR」
Blue Earth Project(両日)
MC: 高橋万里恵 (フリーアナウンサー・森里川海アンバサダー)

■環音ライブ×水素カー
ステージ上で使用したスピーカー、マイクなどの音響に関する電力は、2日間ともにすべて、セキショウグループがステージ横に展示されていた水素カーの水素燃料電池から供給。クリーンなエネルギーでの運営に取り組みました。


※順不同・敬称略

Act 3つたえよう/ステージ Act 3つたえよう/ステージ Act 3つたえよう/ステージ Act 3つたえよう/ステージ

◆ Act4 スタンプラリー

生き物や自然、人や文化との「つながり」感じるスタンプラリーを実施。

会場内に設置したスタンプラリー拠点12 か所を回りながら自然の恵みを感じるスタンプラリーを実施。楽しみながら会場内を回遊する仕組みをつくり、森里川海の恵みの大切を再認識し、その恵みを守り、次世代に繋げるための自発的な選択を促すプログラムになるよう企画しました。

Act4 スタンプラリー Act4 スタンプラリー

◆ マルシェ・ショップ

日本各地の自慢の秋の味覚を集結した青空マルシェを開催

新鮮で美味しい食材と特産品が新宿御苑に大集合。森里川海の恵みを五感で感じるマルシェ・ショップ。地元で収穫された旬な生産物は、生産方法に無駄や無理がなく低炭素型商品 (COOL でもあります。環境配慮型の日用品を販売する企業の他、災害被災地の森里川海の復興を願い、今年も福島を中心に東北から多くの生産者・団体が出展してくださいました。

【出展ブース】※数字はブース番号

M-1/2 一般社団法人 伊達市農林業振興公社
M-3/4 福島県観光物産交流協会 日本橋ふくしま館(ミデッテ)
M-5 広野町振興公社
M-6 浪江町 めんの旭屋
M-7 一般財団法人 ふくしま百年基金
M-8 飯舘村
M-9 矢祭町 農業法人でんぱた
M-10 会津坂下町 リオリコ農園
M-11 福島県
M-12 KiRe_mono 会津 もめん
M-13 (有) 伊達水蜜園
M-14 福島県川内村復興応援! Kokage Kitchen(6日のみ)
M-15 のうみんれんせいねんぶ
M-16 安全・安心なRO純水 株式会社環境向学
M-17 宮城農産
M-18 川越いも・おいも堂
M-19 ラ バランス銀座
M-20 新宿氷業株式会社 氷屋純氷 かき氷
M-21 太陽油脂株式会社
M-22 It idea(イットアイデア)
M-23 神奈川県 横浜中華街 富貴包子楼
M-24 群馬県 ミート工房かわば
M-25 群馬県 アグリーム昭和
M-26 長崎県 埼玉ながさき屋
M-27 鹿児島県 かご市
M-28 TBSテレビ「 ふるさとの夢」
M-29~31 SATOYAMA SATOUMI movement

マルシェ・ショップ マルシェ・ショップ

◆ GTF令和 みんなの茶会

日本の伝統文化であり、人と人をつなぐコミュニケーションツールでもある「日本茶」を通し、日本が誇る自然環境の豊かさや、森里川海をつなげ支える喜びを味わい、世界に日本の環境の取り組みを広く発信する大茶会を開催。

伊藤園監修の元、全国主要4産地の茶農家が集結。
煎茶を中心とした茶めぐり体験や、本イベント限定で一般公開された八芳園の組み立て式お茶室「 MUJYOAN 無常庵」にて、抹茶・茶席(裏千家)体験を提供。茶会の水は、リユース、リデュース、リサイクル&リフィルの環境に優しい水「環境向学RO 水」を使用。
多くの来場者に「日本茶」の魅力を改めて体感して頂きました。

【参加者 】2,132人 2日間

【出展者】※数字はブース番号

M-32 埼玉県・狭山茶 宮岡園
M-33 静岡県・静岡 両河内茶 グリーンエイト
M-34 京都府・宇治 和束茶 上嶋爽禄園
M-35 鹿児島県・霧島茶 今吉製茶
M-36 お茶の魅力を世界へ 株式会社伊藤園
M-37 八芳園 HAPPO EN
M-38 組み立て式お茶室「MUJYOAN (無常庵)」

GTF令和 みんなの茶会 GTF令和 みんなの茶会

◆ Green Challenge Day × SDG

今年も『SDGs (Sustainable Development Goals/ 持続可能な開発目標』をテーマに取り入れ、全出展者を対象に、今取り組んでいる、またはこれから取組もうとしている目標パネルを各ブース内に掲出。各出展者のブランディング及び来場者とのコミュニケーションツールとして活用して頂きました。

【持続可能な開発目標(SDGs) とは?】

2015年の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国連の開発目標。持続可能な世界を実現するための17のゴール・ 169のターゲットから構成。地球上の誰一人として取り残さない( leave no one behind )ことを誓っている。

Green Challenge Day × SDG Green Challenge Day × SDG

◆ ボランティア

イベント開催にあたり、多くのボランティアの方にご協力いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

【協力団体】

アゼリーグループ/新島学園短期大学山田研究室・千葉経済大学短期大学部清水研究室/宝塚大学/玉川大学/一般社団法人おもてなしランナー協会/Support Our Kids 実行委員会(順不同)

ボランティア ボランティア
GTFグリーンチャレンジデー 2019 in 新宿御苑

実施報告書
PDFが開きます

当日プログラム
PDFが開きます

企画書
PDFが開きます

日時:2019年10月5日(土)・6日(日)
会場: 新宿御苑
主催:GTFグレータートウキョウフェスティバル実行委員会
共催:環境省自然環境局/環境省福島地方環境事務所/国連生物多様性の10 年日本委員会/新宿区/TOKYO FM/TBSテレビ/TOKYO MX 後援:外務省/国土交通省/観光庁/復興庁/文化庁/スイス大使館/埼玉県/神奈川県/ 千葉県/伊那市/沼田市/あきる野市/東京都商工会議所連合会/神奈川県商工会議所連合会/千葉県商工会議所連合会/埼玉県商工会議所連合会/東京商工会議所/認定NPO法人日本ハビタット協会/株式会社ジャパンエフエムネットワーク(順不同)


GTF Official Partners
ボランティア